スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.02.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

亀岡千代川 2



外壁サイディング下の透湿防水シートは
遮熱タイプを使用しています。
屋根野地板の真裏までシートを張り伸ばしています。

遮熱透湿防水シートを一通り張ってからさらに
バルコニー手すり天端には専用の防水シート(黒色)、
手すりと壁の取り合い部分には少し見づらいですが
ウェザータイト(緑色)を使用して漏水させない施行をしています。

妻側及び天井に断熱材を吹き付けた後の写真です。

ユニットバスを据える土間にも断熱材を吹き付けています。

亀岡千代川 1


吹き付け断熱が余計な部分に付かないようにナイロンで全て覆って
養生します。

天井・壁の断熱層が一体となっている様子です。

現場前のトラックからホースを伸ばして建物内全面に断熱材を
吹き付けます。

久世S邸 11


前回の写真のWICLの仕上がった様子です。

2階洋室です。壁の1面のみ違うクロスにしています。

2階廊下手すり壁に本棚を設けました。

1階リビングの化粧柱。敢えて塗装をせず白木の風合いを残しました。
 

お知らせです。

11月14日(木)よる9時放送の
テレビ大阪さん「和風総本家」に
鴨川納涼床解体作業が放映されます。

ぜひご覧ください。

http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/wafu/





 

久世S邸 10


外構工事の様子です。
整地すきとり後土間コンクリート打設の準備をしていきます。
網目に敷いてあるのはワイヤーメッシュです。

コンクリートを打設、こて押えし終えた様子です。

内部の造作工事を終えクロス工事と進んで行きます。

クロスパテ施工中の様子です。
 

久世S邸 9


ユニットバスを据える前に壁、天井に耐火ボードを張ります。

耐火ボードを張る前に枕棚の下地を入れてた状況です。

壁の耐火ボードを屋根まで張り上げてから天上の木下地をして
耐火ボードを張ります。


久世S邸 8


仮設足場解体前に仕上がり等に不備が無いか点検します。


金属サイディング目地キャップの浮き上がりなど不備が無いか。

軒天塗装の仕上がり、軒樋の勾配、落ち口の位置はあっているか。

棟換気金物取り付けは完了しているか。

塗装面とタイル面の取り合いの収まりに不具合はないか。
等々の確認を終えて問題がなければ足場を解体します。

 

久世S邸 7


吹付断熱材施工後の様子です。
サッシ廻り、屋根直下、天井が仕上がれば隠れる外壁面もすべて充填されています。
サッシなどの開口部以外はすっぽり包まれています。


 

久世S邸 6


屋根・壁の断熱材はソフラン-Rハンドレッドフォーム吹付断熱材の仕様です。
材質は硬質ウレタンです。ウレタンを膨らませる際に従来のフロン類を
使わず水で発砲させるので空気を汚染しません。
屋根は100弌∧匹80个慮みですき間なく吹き付けてはみ出た
部分は切断して取り除きます。
 

久世S邸 5


屋根材下葺きアスファルトルーフィング全景です。

金属サイディング内はり面の防水シートは大屋根ルーフィングの下側に約20兀垢傾んでいます。
万が一、屋根材を通り越えて雨水がしみ込んだとしても防水シートより表側に
流れ出るので屋内に浸水することがありません。
ガルバリウム素地にて瓦棒葺きを終えました。
この後屋根の頂点に長さ90僂療鏨控ず爐鮗茲衂佞韻泙后


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

 

selected entries

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM